事業者さま向け・火災共済の京都共済のWEBサイトです。

自動車事故費用共済

わずかな分担金(掛金)で安心をお届けします!

死亡臨時費用共済金
※1
30万円 契約者に過失がある自動車事故により、相手側に死亡者が生じたときは、30万円をお支払いします。
死亡事故共済金
※2
300万円 事故の日から180日以内に死亡者が生じたときは、300万円を限度として、お支払いします。
相手側に死亡者が生じた場合は、300万円を限度額として、契約者が相手側に支払った実費をお支払いします。
※死亡臨時費用の支払いを受けた場合は、その額を差し引いてお支払いします。
入通院共済金
※3
入院:日額4,500円
通院:日額2,250円
365日または300万円を限度としてお支払いします。
相手側に傷害者が生じた場合は、相手方に対する入通院共済金の 合計額を限度額として、契約者が支払った実費をお支払いします。
※傷害者が複数の場合は、18,000円を日額上限とします。
※入通院臨時費用共済金を受けた場合は、その額を差し引いてお支払いします。
入通院臨時費用共済金
※4
3万円 契約者に過失がある自動車事故により、相手側に負傷者が生じ3日以上の入通院をしたときは、3万円をお支払いします。
後遺障害事故共済金
※5
300万円 事故の日から180日以内に後遺障害が生じたときは、300万円を限度として、後遺障害別等級表に定める割合でお支払いします。

--- 付けて安心 ワイドな特約! ---

対物担保特約・・・契約自動車を運転中の事故により、他人の財産に損害を与えた場合補償します。
車両事故共済金特約・・・契約自動車に車両損害事故が発生した場合補償します。

ページのトップへ戻る

制度内容

・契約車両を運転中の事故を対象に、自分や他人(相手等)に生じる経済的負担を補填します。
・示談に関係なく、お支払いいたします。
・分担金(掛金)は運転者の年齢・運転歴・性別に関係なく、車種別に設定しています。
・事業者の場合、分担金(掛金)はすべて損金処理が出来ます。
・初めてご加入される場合は、組合員になっていただき、出資金として500円(1口100円の5口分)が必要となります。


ズッシリ重い加害者の負担を軽減!

加害者がすぐに必要な費用は‥・

*死亡の場合
香典・供花料・葬儀費用など
*入通院の場合
お見舞いとして、菓子・果物・生花代など

対象となる運転者

*契約者や同居の親族
法人の場合は、理事、取締役や、雇用している者を含みます。
*届出運転者
上記とは別に2名まで、届出により補償対象になります。
車種の範囲と分担金(掛金)
車 種 共済分担金
年 払 月 払
自家用乗用自動車 9,000円 900円
自家用軽乗用自動車 4,500円 450円
自家用普通貨物自動車(2t超) 16,500円 1,650円
自家用普通貨物自動車(2t以下) 13,500円 1,350円
自家用小型貨物自動車 9,000円 900円
自家用軽貨物自動車 4,500円 450円
多数ご契約の方にお得な割引

共済期間と責任の開始

集金契約の場合

共済期間は分担金(掛金)を領収した日の翌日午前0時から1年間です。

口座振替の場合

共済期間は分担金(掛金)を領収した日の属する月の翌月1日から1年間です。
ただし、分担金(掛金)領収日の翌日午前0時からその日の末日まではサービス期間として補償いたします。


口座振替について

振替が不能となった場合は、翌月に再振替致します。
再振替が不能となった場合は、満期日にさかのぼって効力を失うものとします。


【特約】付けて安心、ワイドな特約

--- 車両事故共済金特約 ---

○補償範囲
1.自損事故、他の車両との接触事故
2.第三者による盗難、いたずら等による損害
3.自然災害(地震・噴火・津波を除く)による損害
契約自動車に車両損害事故が発生した場合補償します。
○補償額
3万円以上の損害があったとき3万円をお支払いします。
共済期間内で1回を限度とします。
○分担金(掛金)
年払い・・・2,100円
月払い・・・210円

--- 対物担保特約 ---

○補償範囲
契約自動車を運転中の事故により、他人の財物に損害を与えた場合補償します。
※自然災害(地震、噴火、台風、洪水、高潮、津波)による損害は、補償の対象になりません。
○補償額
2万円以上の損害があったとき3万円をお支払いします。
共済期間内で1回を限度とします。
○分担金(掛金)
年払い・・・1,000円
月払い・・・100円

【組合関連】

【契約関連】

【外部リンク】

【その他】